FC2ブログ

会田家の作品に撤去の要請

現代美術家・会田誠さんのTwitterで
お見かけしたので保存。

会田さんと美術館側で喧嘩しているのか
喧嘩のフリしてタッグを組んで
世間に訴える事で敵と闘ってるのか、
どっちだろう。

以下は会田誠さんのことば。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京都現代美術館「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」展に、会田家として出品した「檄」という作品が、撤去の要請を受けていることについて、私見を述べました。一読よろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年7月25日


 東京都現代美術館(MOT)で現在行われている「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」展に、僕と妻・岡田裕子と息子・会田寅次郎の三人からなる「会田家」というユニットは参加しています。僕ら3人は当展の担当学芸員である藪前知子氏とチェ・キョンファ氏と去年から小まめに連絡を取り合い、準備を進めてきました。
展覧会が始まって約1週間がたった7月23日と24日、美術館を代表する形で、チーフキュレーターの長谷川祐子氏と企画係長の加藤弘子氏から、出品作のうち2作品に対する撤去要請がありました。

続きを読む

関連記事

17.背景を塗る⑥



黄色の背景。
黄色の花と花びらで埋めようかな。
のっぺりだとどうも綺麗に塗れないから。

枯れ木の背景は、花。

関連記事

16.背景を塗る⑤



黄色が綺麗に塗れない。

絵の具を濃すぎず薄すぎずの
水分の適量がまだわからん。


関連記事

手洗いのススメ

毎日の家事の中で、
割と好きだなと思えるのは
洗濯の、汚れが落ちてるのがわかる時。

なので最近、
癒しの時間になってるのが手洗い。
すすぎの水がスッキリ透明になると
何だか気持ちが良い。

洗面台で今日着た
無印の汗染みが出来にくいTシャツと
ウニクロのブラトップを
ジャブジャブやる。

綿100%の素材の服ならそんなことは
無いのだけど、ポリエステル素材の物は
汚れを良く吸ってしまう。
ウニクロのエアリズムなんかは本当に
汚れがたまりやすい。
機能的で良い素材なんだけれども。

良く汗をかく夏になると
洗濯機で洗っても実はそんなに汚れ、
落とせてないんだと実感する。
匂うんだよー……。

かがむと腰が痛くなるので
洗面台の前で椅子に座って
好きな音楽流してジャブジャブ。

手洗いならば生地も傷みにくいので
一石二鳥だな。
ただ、もみ洗いしてると
手首の古傷が痛むんだ(ーー;)
なるべく力を入れずにやらないと。

あと、たまにやるのが煮洗い。
綿や麻なら強いので
グツグツ煮ても大丈夫。
皮脂汚れが良く落ちて、楽しい。

さて、洗濯するかな。
今日の汚れは今日のうちに。


関連記事

ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし

上野の芸大美術館に行った。
今日は暑くて、風も吹いていて
気持ち良い夏の日。
来週日曜日で会期終了。
祝日なので人は多かったけれど
自分のペースで観られた。

幼い頃に足が不自由になり
生涯制限のある暮らし。
20代の時に描いた絵が評価される。

このころに描いていた子供や女性は
可愛らしい表情で、光に溢れていて
みずみずしくて、魅力的。
でも彼女が自分の画風を確立させるのは
もう少しあとになってから。

だんだん線が省略されていく。
細部をそぎ落として
焦点を合わせずにものを見てるような。
「本質を描く」とはどういうことかな。
ちょっとわからなかった。

手痛い失恋と、体調不良。
ふさぎ込んでしまうね。
想いを寄せた相手には
気持ちを伝えていたのだろうか。
相手が結婚してしまっても
友人関係を続けて生涯独身でいたのは
ずっと忘れられなかったからなのか。
作品はだんだん寂しい色あいと表情になっていく。

亡くなる前の年の自画像は
淡い色で虚ろで、さみしい。
本質を描くとはそういうこと?

さみしいけれどどこか優しい。
色あいやタッチや目の表情。
優しい。でもさみしい。


関連記事
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人

ゆする
LINEスタンプはこちらから。

【出展しました】
★2016.11月 postcard exhibition vol.11
at BOOK cafe DINERイココチ
★2018. 4月 postcard exhibition vol.14
at BOOK cafe DINERイココチ

BOOTH

minne(準備中)

カテゴリー
RSSとかはこちら
ちりつもSPACEをリンクに追加する
月別アーカイブ
お気に入り
探す