無敵手袋

作業用のグローブ。と、女子。

このグローブ、指先出せるの。
いちいち脱がなくても
繊細な作業できちゃうでしょ。

作業着の多機能なとこ、良いですよね。

わたし着たことないけども。

関連記事
スポンサーサイト

横顔

横顔が好きだな。
わたしをモデルにすると
鼻ぺちゃになるのです。

関連記事

はい、完成。

細部を整えて
「ベールの少女」
はい、完成です。

いや可愛い。
プリントうまくいくと良いな。

関連記事

そろそろ完成

影とか入れると
絵が締まる。

右肩から下のレース部分の
マスキングインクを剥がすの
若干早まってしまって
ただいま詰んでるところです。

うーん、どおしよ。
明る過ぎてレースが見えない。



関連記事

会田誠展「GROUND NO PLAN」

会田誠展行ってきた。
(会期は24日で終了)
地下1階と地下2階で構成された展示でした。

公益財団法人大林財団の助成プログラム。
なので?観覧無料。
つまりはアーティストに
「you、新しい都市の在り方考えちゃいなよ」って
好きなことさせてくれるやつ?かな。

これは、海ほたるの近くにある
海底トンネルの気圧調節?換気?のための、
あの、煙突のやつの新しいデザイン。

ふざけてる。デザインだもの。
犬神家の足だって〈 〉
なんだって良いのよねぇ。

これは都庁。
の、デザイン案。天守閣があって、
多分エスカレーターもあるし、ヘリポートも。
各部署が離れてて大変そうだ(笑
日本画って遠近感が、なんだか面白い。

これは東京みやげ案のサンプル。
スカイツリーとか、浮世絵とか
じゃなくて、
も少し東京の日常寄りのもの、
自販機とか、渋谷109とか。
そういうので良いじゃん、て感じです。
多分。



地下2階の空間は
スラム、良いよね、みたいな
瓦礫が転がっててシートに
文字やら絵やらがドーンと広がる場。

これ見て、角度によってうっすらと
下地のマルエツマークが見えちゃう
イオンの看板思い出した。
これ扉をキャンバスにしてるんだけど
何でだろ。スラムっぽく、てことかな。
立ちションしてる人とか描かれててね
なんか、ふふってなる。



「セカンド・フロアリズム」
ていうの会田さんは提唱していたのだけど、
彼は人生で1階か2階でしか
暮らしたことが無いのだそうだよ。
つまり、高層階に住むのは身の丈に合っていない、
自力で建てられるのは2階までだし、と。

……自給自足が一番だぜ、
てのに近い感じかしら。

わたしは、
子供の頃は狭〜い平屋で暮らしてたので、
団地の子や
2階建3階建の新興住宅地の子の
「階段のある生活」が羨ましくて、
高いところに住むの、憧れました。

ぼろぼろの日の丸。
恭しく飾られてる国旗とは別物で
「俺たち日本人だぜ!文句あっか?」
これが日本だよ!みたいだった。
(語彙力なし)

このあたりは文字がぶわーっと溢れてる。
住んだことないけどスラム好き。

セルフビルドとは。
暮らすって
外部の人間が区画整理とか都市計画で
型にはめてくものじゃない
という事を言っているのかなと思った。

自然発生とか自然派生とか
そういうこと、かな。

法は踏みにじり
(六法全書が瓦礫の一部に)
建築士なんていらねーよ
(製図板を使ってぐちゃぐちゃ絵描いてる)
自分でなんとかかんとかやるぜ

てことかな(笑)

「何もするな」って立て看板が
あったけれど、言いたいことはそれかしら。

これからの都市の在り方
=「何もするな」「ありのまま」
=自然



この作品は
安倍総理に似ていると言われる会田さんが
拙い英語で国際会議かなんかで演説している。
平和をうったえてはいるが、
英語が嫌いなので、
英語を国際語だとする英語圏の人々を
傲慢だと罵倒する。
本当に英語が拙いのでどうしても可笑しい。

そのうち、
国際語も公用語も不要になって
同時通訳でいけちゃう世界に
なるんじゃないかしら。

その頃わたしは生きてますかね。



関連記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
管理人

ゆする
【出展しました】
★2016.11月 postcard exhibition vol.11
at BOOK cafe DINERイココチ
★2018. 4月 postcard exhibition vol.14
at BOOK cafe DINERイココチ

BOOTH

minne(準備中)

カテゴリー
RSSとかはこちら
ちりつもSPACEをリンクに追加する
月別アーカイブ
お気に入り
探す